[レビュー]アイリスオーヤマ 空気清浄機能付除湿機 DCE-120 購入しました。

家電

空気清浄機も欲しいし、除湿器も欲しいけど、どっちも置くのは場所的に微妙だなと思い、
一体型になっているものがないか探して、良いものがあったので購入しました。

スポンサーリンク

商品概要

商品
本体サイズ幅×奥行×高さ(約)34.3×30×61.7cm
本体重量14kg
除湿可能面積の目安木造和室:15畳(25m2)/プレハブ洋室:23畳(38m2)/鉄筋コンクリート:30畳(50m2)
空気清浄機の適用床面積17畳
水タンク容量約4Lで自動停止
値段31,160円

機能などは「こちら」を参照してください。

商品レビュー

大きさは空気清浄機としては大きめでしょうか?
一人暮らしの家だと割とスペース取ります。

前面はタッチパネル式のディスプレイになっています。
反応もよく、ストレスなくタッチできます。

部屋の汚れ具合に応じて、ランプの色が変わります。

背面のフィルターは4層になっていて、ゴミや匂いを除去しているようです。

この商品の良いところ

除湿能力が高い

梅雨時期のジメジメしているときや洗濯物を干した後に除湿を使うと部屋がカラッとします。
特に洗濯物の前で起動して風を送りながら乾かすと、すぐに洗濯物が乾きます。
→洗濯物の生乾き臭が気になる方におすすめです。

空気清浄機能

お好み焼きをやった後などに利用すると、部屋の匂いを快適にしてくれます。
ただ、他の製品に比べて凄い清浄してくれるかと言われると微妙かもしれません。
→空気清浄機のみの商品の方がおそらく機能がよいはずです。

この商品の微妙なところ

重いところ

14kgもあるので、1階から2階など持ち運ぶのはなかなか厳しいです。
下にキャスターがついているので、部屋内でかつ物がない、
カーペットを敷いていない場合は、移動が容易にできると思います。

除湿している時に温度が上がる

コンプレッサー方式(デシカント式に比べて室温が上がらない)ですが、
利用しているとどうしても部屋の温度が上がります。
ですので、夏・梅雨で普段過ごしているリビングなどで利用する場合、
エアコンを併用しないと、暑くて耐えられなくなります。

通常運転は夜に使うのは厳しい

手前のランプが眩しいので、夜寝ている部屋で使うのは厳しいかもしれません。
音の面でも気になる方は気になってしまうと思います。
私は、寝るときは弱運転で使用しています。
→ランプが消えて、静かな運転になります。

スイング機能

風向きをスイングできるのですが、真上90°から斜め60°程度しかスイングしないので、
下の方に干した洗濯物に風を送ることができません。
自分で手動でスイング位置を調整したとしても、自動で90~60°のスイングに切り替わってしまいます。
→スイング幅を設定できたり、手動で調整できればと思ってしまいます。

水タンクが洗いにくい

水タンクの形がカクカクしているので、少し洗いにくいかもしれません。

まとめ

少しマイナスの意見が多くなってしまいましたが、除湿の能力は高く、
空気清浄の機能も役になっているので満足しています。

私のように空気清浄機と除湿器どっちも欲しいけど、別々で買うのはな…と思う方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました